彦根市の不動産情報

湖東エリアの中心都市「彦根市」の人気エリアや一戸建て(土地)の不動産相場などを紹介しています。

かつて交通の結束地であった彦根の特色やアクセスについてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

彦根市の人気エリアと不動産相場は?

彦根市全域の地価公示価格、実際の不動産取引から算出される平均取引価格は、1坪あたり16~17万円くらい。近江八幡よりも、やや安いくらいです。

人気住宅地も多く、彦根ニュータウンなど古くからある住宅地をはじめ、大手不動産会社・地元不動産会社が新しく造成したニュータウンも増えています。

ちなみに彦根ニュータウン(長曽根南町)あたりは坪単価20万円前後。ここ数年、新築戸建てが増えている南彦根駅周辺(坪単価20万円前後)や、彦根インター近くの正法寺町(坪単価10~15万円)などが狙い目のようです。

湖東の城下町「彦根市」の住みやすさをチェック!

以下に、彦根市の特色とアクセスの良さについてまとめています。

彦根市の特色をチェック!

彦根城を中心に町が作られていった彦根市は、平成の大合併以前は滋賀県で2番目に人口が多い都市でした(現在は5位)。

歴史もある街ですし、滋賀大学などの学校、商店街、大型スーパーや電気店、コンビニなどの商業施設も一通りそろっているので、生活するうえで不自由を感じることはあまりない地域です。

琵琶湖沿いには海水浴場のほか、大型商業施設も。決して大都市ではないのですが、のどかな雰囲気が色濃く残っており、喧噪とした都会暮らしから離れ、いやされたい方にとっては住みやすい街と言えるでしょう。

アクセス面をチェック!

彦根市にはJR琵琶湖線(東海道線)近江鉄道が通っています。

新快速で京都駅まで約1時間、大阪駅までは1時間半弱と、やや遠いイメージがありますが、いざとなったら隣の米原から新幹線を使うという方も多いのだとか(米原駅から京都まで20分、新大阪まで30分ほど)。

また、道路は名神高速道路(彦根IC)、国道8号線、306号などの主要幹線道もあり、かつては交通の結束地であった名残がここにあります。