大津市の不動産情報

滋賀県の湖南エリア、「大津市」の不動産情報を特集。一戸建て(土地)の相場や人気エリア、さらに住みやすさなどをまとめて紹介していますよ。

大津市の人気エリアと不動産相場は?

大津市全域の地価公示価格は坪30万円程度、実際の不動産取引から算出される平均取引価格は坪25万円前後が多いようです。

この価格ですが、滋賀県では2位になります(1位は草津市)。

ただ、大津市といっても広く場所によってピンキリです。例えば、JR大津駅から徒歩圏に住むとなれば、坪単価は50~60万円以上にもなります。膳所駅、石山駅など琵琶湖線沿線も、駅周辺は40~50万円と比較的高い傾向にあります。

湖西線(大津京駅、堅田駅など)は、琵琶湖線と比べればやや価格は下がりますが、電車の本数が多いとはいえないところですし、冬場は強風や積雪で遅延・運休になることもしばしばあるようです。

県庁所在地「大津市」の住みやすさをチェック!

以下に、大津市の特色とアクセスの良さについてまとめています。

大津市の特色をチェック!

大津市は滋賀県の県庁所在地であり、滋賀県で最大の都市です。

琵琶湖南岸にあるJR大津駅を中心に、湖に沿って町が広がっています。学校や病院、大手スーパーなども集まっており、生活するうえで不自由な点はあまりないでしょう。

他方、市の北西部にある比叡山など自然豊かなエリアも、また南部には石山寺などの歴史遺産もあり、四季折々の自然を楽しめる街としても人気があります。

就学前の医療費が無料という点もあってか、最近では大阪や京都から移り住む人が増えているようです。

アクセス面をチェック!

県都ですからアクセスも良く、市内にはJR琵琶湖線(東海道線)や湖西線、私鉄では京阪が走るほか、路線バスも市内をくまなく走行しています。

JR大津駅から京都駅まで約10分大阪駅までも約40分と近いことから京阪のベッドタウンとしても栄えてきた町でもあります。

また、道路は交通量が多いことから慢性的に渋滞するエリアも。特に、琵琶湖大橋(有料)を避ける裏道などは、時間帯によっては渋滞が激しいようです。