初めての不動産購入の流れ

一戸建て住宅などの不動産を初めて購入される方に、これだけは知っておきたいポイントをまとめました。

大まかな流れとしては、「予算を決める」→「相場を知る」→「家を探す」→「購入」となります。それぞれのポイントを紹介しましょう。

予算を決める

賃貸マンションなどから一戸建てのマイホームに引っ越したいと思ったら、まず検討しなければならないのが予算です。

今の収入や預貯金、頭金として親などから借り入れられる額などを把握することから、自分が購入できる不動産物件のだいたいの予算が見えてきます。

ここで注意しなければいけないのは、物件の価格以外にも税金などの諸経費もかかること。諸経費は、物件価格の1割程度かかるといわれますから、それも含めて予算を決めていきましょう。

相場を知る

次に自分が住みたいエリアの土地や建物の相場を知りましょう。

検討しているエリアをいくつか決めて、予算内に収まる物件があるかを不動産会社のインターネットの情報などを利用してリサーチします。

なお、このコンテンツでも滋賀県の土地相場、物件相場について掲載していますので、参考までにご活用ください。

家を探す

実際に土地や建物を見て、探していきます。その際、よきパートナーとなる不動産会社選びがポイントに。

そのエリアに精通していることはもちろん、価格交渉やローンなど諸手続きの手伝いをしてくれるなど実績があってサービスが充実している会社を選びましょう。

購入

気に入った物件が決まったら、不動産会社と契約です。

重要事項説明書に書いてあることをしっかり確認し、不動産売買契約を結びます。

ここでは、重要事項説明書や不動産売買契約についておさえておきたいポイントもまとめましたので、こちらもぜひご一読ください。

 

住宅ローンを借りる流れについて

住宅ローンを借りる場合は大きなお金が動くため、誰もが不安になって当たり前です。

生涯で何回も住宅ローンを組む人はあまりいないでしょう。ほとんどの人が住宅ローン初心者である以上、どのような手続きでローンを借りるのか全くわからない人が大半のはずです。

ローンを借りる流れとは、一体どのようなものなのでしょう?

わかりやすいようにざっくりとご紹介していきます。

1:仮審査を申し込む

仮審査とは、申込人の収入などの情報に基づいて、住宅ローンが組めるか組めないかの簡易的な審査をすることです。金融機関から融資してもらえるかどうかの目安となります。

購入する物件が決まったら、物件購入の申し込みと同じタイミングで金融機関に住宅ローンの仮審査を申し込みます。

物件購入前に仮審査を申し込むことも可能ですが、物件や不動産業者ごとにお得なローンが違うことがあるため、一般的には物件購入の申し込み時に仮審査の申し込みも行うパターンが多いようです。

とはいえ、仮審査の時点では物件も金融機関も選ぶことが可能な状態です。複数の金融機関に仮審査を申し込んでも構いません。

2:仮審査通過本審査を申し込む

仮審査が通ったら本審査を申し込みます。

本審査では仮診査よりもしっかりした審査が行われ、金融機関から融資の最終判断がなされます。

仮審査の結果が出た段階で、不動産業者も「この人には資力がある=安心して不動産を売れる」と判断して契約書類の作成を行います。

本審査の申し込みと同じ時期には、不動産売買契約も行うようになっています。

しかし、まだ本審査の結果が出ていないので、「本審査に通らない場合は売買契約を解除する」などの特約が盛り込まれることが多いです。

売買契約を締結してローンの本審査が行われると、ほぼ後戻りができない状態になります。迷いがある場合は、この段階になる前に考え直してください。

3:本審査通過ローン契約締結

本審査が通過したらローンの契約を結びます。

融資が実行されたら、不動産を取得するために不動産業者にお金を支払うことになります。

4:ローンの返済開始

毎月ローンの支払いを行います。

この頃には既に物件の引き渡しを受けて入居しています。

ローンの実行までにかかる期間

仮審査の申し込みから融資の実行にかかる期間は、およそ57週間です。

区切りごとに示すと以下のようになります。

・仮審査申し込み~仮審査……約1週間

・本審査申し込み~本審査……約12週間

・ローン契約締結~融資実行…約34週間

ローン契約に必要な書類

金融機関によって必要な書類が異なるので注意してください。ここでは、一般的に必要な書類を挙げていきます。

仮審査

・身分証明書

・仮審査申込書

・購入予定の物件の所在地、面積、間取りなどがわかる資料(地図や図面など)

会社員の場合であれば以下の書類が追加されます。

・前年分の源泉徴収票

・直近の住民税決定通知書または課税証明書

個人事業主の場合は以下の書類が追加で必要です。

・確定申告書の写しや付表(過去3年分)

・事業税納税証明書(過去3年分)

・申告所得税納税証明書(過去3年分)

本審査

本審査の場合は、仮審査の時の書類に加えて以下のものが必要です。

・印鑑証明書

・住民票

・売買契約書の写し

・重要事項説明書

・物件の概要や価格等がわかるもの(販売図面、パンフレット、間取り図、設計図など)

・土地の公図や住宅地図

・建築確認済証の写し

・検査済証の写し

・実測図または地積測量図

・土地登記事項証明書

・建物登記事項証明書

住宅ローン契約の締結までには多くの書類が必要になります。平日に取りに行く必要がある書類もあるので、予め準備しておくと契約がスムーズに進むでしょう。