初めての不動産購入の流れ

一戸建て住宅などの不動産を初めて購入される方に、これだけは知っておきたいポイントをまとめました。

大まかな流れとしては、「予算を決める」→「相場を知る」→「家を探す」→「購入」となります。それぞれのポイントを紹介しましょう。

予算を決める

賃貸マンションなどから一戸建てのマイホームに引っ越したいと思ったら、まず検討しなければならないのが予算です。

今の収入や預貯金、頭金として親などから借り入れられる額などを把握することから、自分が購入できる不動産物件のだいたいの予算が見えてきます。

ここで注意しなければいけないのは、物件の価格以外にも税金などの諸経費もかかること。諸経費は、物件価格の1割程度かかるといわれますから、それも含めて予算を決めていきましょう。

相場を知る

次に自分が住みたいエリアの土地や建物の相場を知りましょう。

検討しているエリアをいくつか決めて、予算内に収まる物件があるかを不動産会社のインターネットの情報などを利用してリサーチします。

なお、このコンテンツでも滋賀県の土地相場、物件相場について掲載していますので、参考までにご活用ください。

家を探す

実際に土地や建物を見て、探していきます。その際、よきパートナーとなる不動産会社選びがポイントに。

そのエリアに精通していることはもちろん、価格交渉やローンなど諸手続きの手伝いをしてくれるなど実績があってサービスが充実している会社を選びましょう。

購入

気に入った物件が決まったら、不動産会社と契約です。

重要事項説明書に書いてあることをしっかり確認し、不動産売買契約を結びます。

ここでは、重要事項説明書や不動産売買契約についておさえておきたいポイントもまとめましたので、こちらもぜひご一読ください。