住宅ローンの選び方

住宅ローンには、金利タイプや金融機関によっても若干違います。その選び方について説明します。

住宅ローンの金利タイプについて

住宅ローンには、金利のタイプによって大きく3つにわけられます。どの金融機関でも同じもので、それぞれメリットとデメリットがありますので覚えておきましょう。

(1)変動金利型

市場の金利変動によって、年に2回利率が見直される住宅ローンです。

●メリット
金利が低い時期であれば返済額も少なくて済む

●デメリット
将来金利が上がると返済額が予定より多くなることもある

→借入額が少ない人(=頭金が多い人)や、将来収入が増える見込みのある人に向いているタイプです。

(2)固定金利型

返済期間中の金利が常に一定の住宅ローンです。

●メリット
金利上昇リスクがないため、将来設計(ライフプラン)が立てやすい

●デメリット
借入時の金利は、変動金利型より高い

→借入額が多い人(=頭金が少ない人)や、返済額が変動すると困る人に向いているタイプです。

(3)固定金利選択型

一定期間は固定で、期間を過ぎたら固定か変動かを選べる住宅ローンです(期間や金利は金融機関によって異なります)。

●メリット
金利変動に応じて、返済プランを選べる

●デメリット
一定期間中は、変動金利型や固定金利型より金利が高く設定される傾向にある

→教育費など将来支出が多くなることが予測される方に向いているタイプです。

住宅ローンを選ぶとき、総返済額が安くなる「金利が低い」商品を選ぶに越したことはありませんが、今の金利がいつまでも続くとは限りません。

金利がアップしても困らないよう、将来設計をきちんと考えて選ぶようにしましょう。

住宅ローンが借りられるところ

住宅ローンは、銀行などから借りる「民間ローン」のほか、主に住宅金融支援機構が提供する「フラット35」やお勤めの会社に「財形貯蓄」があれば、それを利用する方法などがあります。

(1)民間ローン

銀行などの金融機関が提供する住宅ローンです。

●メリット
住宅ローンのタイプは各種利用できる(金利は金融機関ごとに違います)

●デメリット
審査基準が厳しく、審査が通らないと借りられない

(2)フラット35

住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供する住宅ローンです。

●メリット
審査基準がゆるく、銀行の審査が通らなかった人でも借りられる可能性がある

●デメリット
住宅ローンのタイプは、固定金利型しかない(金利は借入する金融機関ごとに違います)

(3)財形貯蓄

勤めている会社の福利厚生に「財形貯蓄」がある場合、住宅ローンを借りることができます。

●メリット
借入時の金利が低く、財形貯蓄額の10倍(最高4,000万円)まで借り入れできる

●デメリット
財形貯蓄を1年以上、残高50万円以上など条件がある

いずれも審査基準があるため、その人の貯蓄や収入によって借りられないこともあります。選び方としては、まずはどの方法が可能かをチェックしてみるとよいでしょう。